【国内初】暗号資産口座開設にかかる時間を大幅に短縮する「対面本人確認」 の開始について | 株式会社サクラエクスチェンジビットコイン(SEBC)|暗号資産の積立・取次サービス  
   

SEBC

お知らせ

NEWS

【国内初】暗号資産口座開設にかかる時間を大幅に短縮する「対面本人確認」 の開始について

2022.01.13

お客様各位

平素より株式会社サクラエクスチェンジビットコインをご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。

この度当社は、2022年1月15日(土)より、「ビットコインの相談窓口」渋谷道玄坂店にて、暗号資産口座開設のお申し込みがオフライン(店舗)でできる対面本人確認を開始いたします。

<対面本人確認と個別相談サービスが解決する暗号資産市場の2つの課題>

1、暗号資産口座開設に係る時間短縮
既存の暗号資産交換サービスの口座開設はWEBからの申し込みのみで、本人確認審査はWEB上で登録した内容に加え、登録住所にて転送不要郵便を受け取る事で完結することが多く、取引開始まで時間を要します。対面本人確認を実施することで、転送不要郵便の受け取りが不要となり、取引開始までの時間を大幅に短縮することができます。

2、悩み、不安を解決し暗号資産投資に取り組める
昨年8月から、暗号資産投資に関する個別相談サービス「ビットコインの相談窓口」にて多種多様なお悩みを伺ってきました。「暗号資産投資をやってみたいけど、よくわからない」、暗号資産特有の価格の急激な変化や、暗号資産を使った詐欺などネガティブなニュースも出回り「漠然とした不安がある」方が多数いらっしゃいます。当社では、個別相談にてお客様のお悩みへ真摯に向き合い、対面本人確認により暗号資産投資への第一歩を一緒に踏み出します。

<本人確認とは>
暗号資産を含む金融取引を行う口座を開設する際に必要な手続きで、金融商品取引法や犯罪収益移転防止法などにより義務化されています。既存の暗号資産口座開設に係る本人確認審査はWEB上で登録する内容に加え、登録住所にて転送不要郵便を受け取る事で完結することが多く時間を要します。

当社では1月15日(土)より、ご希望のお客様へ店舗での本人確認を対面にて実施することで、転送不要郵便の受け取りが不要(※)となり、口座開設までの時間を大幅に短縮することができます。
※審査内容によっては、従来通り登録住所にて転送不要郵便を受け取る必要がございます。

ご希望のお客様は、ビットコインの相談窓口渋谷道玄坂店へご来店の際に、以下の本人確認書類をA群から2種類、またはA群およびB群からそれぞれ1種類をご選択の上ご持参ください。

【A群】(顔写真付き本人確認書類)
・運転免許証
・日本国発行のパスポート (住所記入済みの所持人記入欄ページ必須)
※2020年2月3日以前に申請されたものに限る
・在留カードまたは特別永住者証明書
・住民基本台帳カード ※住所の記載があるもの
・個人番号(マイナンバー)カード (通知カードは不可)

【B群】(顔写真のない本人確認書類)
・各種健康保険証(住所記載面必須 ※裏面の場合あり)
・発行日より3ヵ月以内の官公庁から発行・発給された書類その他これに類するもので、「氏名」、「現住 所」、「生年月日」の記載があるもの(例:マイナンバー表記のない住民票など)
※いずれも有効期限内のもののみご利用可能です。

<ビットコインの相談窓口について>
ビットコインの相談窓口渋谷道玄坂店は、ご予約がなくてもご来店いただけます。(ご予約者優先)
なお、ビットコインの相談窓口では新型コロナウイルス感染拡大防止に細心の注意を払っております。定期的な換気に加え、ご来店される方および担当スタッフはマスク着用の徹底とアルコール消毒、体温測定を行い、相談ブースをアクリル板で区切るなどの対策をいたしております。どうぞ安心してご来店ください。

こちらよりご予約いただけます、ぜひご利用下さい。

今後とも株式会社サクラエクスチェンジビットコインをお引き立てくださいますよう、お願い申し上げます。

一覧に戻る

口座開設はこちら