SEBC

コラム

COLUMN

2022.07.21 イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックとは?

■■オープンソースブロックチェーンプラットフォーム■■

目次
1|イーサリアムクラシックとは?
2|これまでの価格推移
3|今後の見通し
4|投資方法

1|イーサリアムクラシックとは?

イーサリアムクラシック(ティッカーシンボル:ETC)は、オープンソースの分散型ブロックチェーンプラットフォームで、スマートコントラクトが稼働しています。

2016年にイーサリアム(ティッカーシンボル:ETH)上で運用されていたスマートコントラクト「The DAO」のハッキングがきっかけで形成されました。

元のブロックチェーンは2つに分割され、ユーザーの大多数はハッキング以前の状態に戻し、盗まれた資金を返還することを選択しました。

この分裂により、一部のコミュニティは「コードは法律」と考え、DAOの盗まれた資金を元に戻すのではなく、欠陥のあるプロジェクトに投資した結果として、盗まれたままの状態にすることを選択しました。

盗まれた資金を元に戻したイーサリアムのチェーンは、イーサリアムとして名称を維持し、盗まれたままの状態のブロックチェーンはイーサリアムクラシックとなりました。

イーサリアムと同様に、イーサリアムクラシックはスマートコントラクトプラットフォームで、トークン発行、DeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)を使用することができます。

2|これまでの価格推移

コミュニティの大半がイーサリアムを支持していたため、2017年半ばまでイーサリアムが8~50ドルで取引されていたのに対し、イーサリアムクラシックの価格はわずか 0.5~1 ドル前後で取り引きされていました。

2017年末になると爆発的に上昇し、一時40ドルを突破しました。しかし、この上昇は短期間 で終わり、その後はゆっくりと下落し、2020年初頭には4ドルの安値となりました。

2021年後半、強気な市場とイーサリアムのアップグレードとの互換性に導かれ、イーサリアムクラシックの価格は驚くことに176ドルに到達し、2020年の安値から4,300%の上昇を果たしました。

3|今後の見通し

他の多くのブロックチェーンプロジェクトとは異なり、イーサリアムクラシックは中央組織を持たず、アップグレードはコミュニティの合意によって実施されます。

イーサリアムは、プロトコルをProof of Stake(マイニングを必要としないブロックチェーンシステム)に移行することが計画されていますが、イーサリアムクラシックはこの移行を予定しておらず、Proof of Work (マイニングと呼ばれるシステムによって、ほとんどのブロックチェーンが安全性を保つことができるプロセス)のマイニングシステムを維持することを求めています。

2022年後半にイーサリアムクラシックがProof of Stakeへの移行を完了すると、イーサリアムのマイニング報酬がなくなった多くのマイナーがイーサリアムクラシックのマイニングに切り替えると推測されており、新たな波が訪れる可能性があります。

4|投資方法

これから暗号資産の取り引きを始めようと思っている方は、SEBCの口座を開設することから始めてみてはいかがでしょうか。
暗号資産は長期的に爆発的な成長を遂げていますが、購入のベストタイミングを選ぶのは簡単ではありません。
SEBCでは、3,000円から始められ、週次、月次で自動的に買いを入れて、ポートフォリオの平均コストを算出する「積立プラン」や、ご自身の好きなタイミングで注文をする事ができる取次サービスなどにより、イーサリアムクラシックだけでなく、ビットコインやイーサリアムなど、他の暗号資産の取り引きも始めることができます。

口座開設はこちら